top of page

生きものたちが色々と現れる  2023.04.18

田んぼのビオ周辺では、生きものたちが色々と現れ始めました。



アオモンイトトンボのオスが現れました。今季初見です。

いつ見れるかなぁと心待ちにしていました。

ブルーが鮮やかですね。すぐに見つけることが出来ました。




「ツバメシジミ」って、自身は初めて認識しました。

表面だけではなかなか見分けられませんが、

「後翅に尾状突起があること」や裏面が白っぽく赤色部があることが、見分けるポイントのようです。

この個体は、後翅の一部が欠損しています。色々とあったのでしょう。頑張れ~ッ!



花を見てキツネアザミと自信を持っていましたが、

「葉の形が分かりませんが、キツネアザミで良いと思います。」

全体を撮らないとはっきりとは確認出来ないのですね。

図鑑によると、ちょっと見るとアザミに似ているが、葉に棘がないので、キツネにだまされたかな、というのが名前の意味、だそうです。



田んぼ畔には、タンポポのような黄色い花が咲いています。

ジシバリ(イワニガナ)かなぁと思っていましたが、

「オオジシバリです。葉がヘラ型なのが特徴になります。」とのことでした。



「オヘビイチゴ」

こちらも黄色い花で、ビオ周辺に群生しています。

ヘビイチゴは知っていましたが、「オヘビイチゴ」は正式には知りませんでした。


田んぼは、色々な生きものたちが現れ賑やかになってきました。


※生きものたちの確認は、岸さんに見て頂きました。「 」内のコメントも、岸さんです。

※図鑑は『散歩で見かける野の花・野草;日本文芸社』です。


By M.H

コメント


特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page