田んぼレポート・黒米田稲刈り

昨日も晴れているなと思っていたら、午前中ザァーッと降ってきました。

今年は本当になかなか天候が読めず、農家の方々を悩ませました。

爽やかな南風が心地よく絶好の稲刈り日和です。

景色はすっかり秋模様。

其処此処で稲刈・架け干しが行われていました。

タゲリ米の里収穫期

我が黒米田はもうすっかり乾いていました。

手際よく田の四隅を手刈り。

稲刈機でぐるぐると田を廻りながら刈っていきます。

架け干し用のポールを立て、順に稲束を架けていきます。

架け干し

架け干し

順調に作業は進み、午前中に終了しました。

ところで、架けた稲束の切口を良く見てみると、

黒米稲ならではの紫色した茎が見えています。

ここからもこの稲は黒米なのだとわかります。

切り口

更に架けた稲束を見ていると、

バッタの仲間 クビキリギスが飛んできました。

見えますか?稲と保護色になっていますね。

クビキリギス

作業を終了し休憩していると、ドバトが集団で黒米田にやってきました。

どの田んぼが稲刈りを終了したのかわかるのですね!

ドバト群れ

架け干しした稲穂ではなく、田に落ちた籾を啄みにやってきたのですね。

これもまた秋の風物詩ですねぇ。

爽やかな一日でした。

特集記事