田んぼ作業はコロナと関係なく・・・

April 19, 2020

会員皆さん如何お過ごしでしょうか?
目には見えない相手に世界中は大きな脅威にさらされています。
通常であれば4月の第3㈯の今日は定例活動日でしたが既報の様に
スタッフ会議や総会と同様に共同での活動は中止としていました。

しかしタゲリ米の里の稲作生産活動は
世の自粛活動とは全く影響のない環境として準備は進んでいます。
鶯が里へ降りて囀り、桜が咲くことで田んぼの準備は始動を始めました。

今日は大雨の予報でしたので取り急ぎ生産担当一人でできる作業として
目覚めて伸びだした雑草除草対策を行いました。

ーーーー
まずは作業報告のみしておきます。
・作業日:R2.4.17 9時から13時 里田4ヘクタール 作業者は一人
・作業環境:社会的距離SocialDistance2mと言われてるようですが里田はFarmersDistance200meter40000hectare見渡し四丁歩「人影我一人なり」、コロナ菌0、と判断しマスク持参するも装着せず、必要至急として作業進行!

・内容:共同田域農道、同田東西畔刈り機による草刈
    (ただし北側水路畔は仕上げ刈り未完了箇所あり)
    鈴木田及び餅米田畔草刈り、間の水路土手草刈り
・記録:添付写真 ビフォアー・アフター
・今後の作業:共同黒米田、黒米田は次回雑草伸び状況により行います。
     共同田、黒米田、餅米田の第2耕も別途鈴木にて予定します。

・作業:生産担当鈴木 
 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

チュウシャクシギ撮影

May 4, 2020

1/10
Please reload

記事一覧