チュウシャクシギ撮影

5月3日(日)にも時間をかけて丁寧に見たけれど見つからなかった。

天気が良く、空きスペースでラジコンを飛ばしているグループがそこここに複数いたので、

気になり現れてくれなかったのか・・・。

5月4日(月)は、雨。

昼下がり、しとしとと降るも気にならないほどの柔らかな雨になり、

思い切ってもう一度見に行った。

だがやはり見つからない。今日もダメかなぁと思いながら力なく自転車をこいでいく。

諦めかかったその時、突然2羽の野鳥が「ピピピピ・・・」と鳴きながら畑から飛び立った。

自転車をひっくり返し、双眼鏡で追っかける・・・、チュウシャクシギだっ!

しばらく飛翔しながら旋回を繰り返し、近くの畑へ降り立つ。

今年も見ることが出来て、ほっと一安心した瞬間だった。

けれど、昨年は6羽は居たが今年は2羽。

チュウシャクシギは旅鳥。ここではこの時期にしか見ていない。

海岸、砂浜、河川などのイメージが強いが、農耕地にもいる。

きっとその昔、ここは海沿いではなかったかとも思う。

しきりに畑をつつき採餌を繰り返していた。

来年もまた来てくれますように・・・、願わずにはいられない。

タグ:

特集記事