田んぼ作業・穴刈り

2020.06.27 穴刈り(畔草取り) が行われました。

予定では明日でしたが雨模様なので、急遽本日に前倒しとなりました。

刈払い機と鎌で畔・畔法面等の草刈り・草引上げ、ヤベエの引き抜き等です。

ヤベエは、画像を見ての通り赤い茎で、畔からするすると田の中へ伸びていきます。

日程変更で少人数となりましたが、作業日が伸びると草もどんどん伸びます。

今日やっておくと後々が楽とのことです。この作業はこれから定期的に行われます。

作業前から午前中ずぅ~っと、アマサギ三羽が来ていました。

時折カラスに追い立てられていましたが、すぐに舞い戻ってきていました。

先日も鈴木さんがアップされていましたが、実はM.H西久保でアマサギを見るのは三翠会に入って15年で初めてです。

田植えの前後この時期にしかやってきません。毎年のように見ている鈴木さんが呼んでくれたのか?とっても感激で~す!

小林さんが、休憩中に稲と稲との間を泳ぎ抜けているカルガモの親子を発見!

こりゃまた可愛い~!

作業中鳴いていたトウキョウダルマガエル、何とか姿を見たいと思っていましたが、

草刈り後の畔の角からぴょ~ンと飛び出し、姿を見せてくれました。

今年初見です。元気な様子で、安心しました。

田んぼでは昆虫も多くみられますが、中でもウスイロササキリ(画像はメス)は、よく見られます。

畦草刈りで大慌て、ピョンピョン飛んでいました。

今日も生きものたちで賑やかな田んぼでした。

特集記事
記事一覧