ビオトープの外来種駆除

ウシガエル(特定外来生物)のオタマジャクシ駆除作業が、行われました。

雨が降ったり止んだりでして少し蒸しましたが、作業はし易かったです。

ビオ内には、いろんな水生生物がいました。

イトトンボかカワトンボの仲間のヤゴかなぁ?と思われるものや、シオカラトンボ?のヤゴかなぁと思われるものなど、複数見られました。

ハイイロゲンゴロウ?も元気に泳いでいました。

もちろんナマズも元気でした。大きくなっていましたよ。

フナやコイの稚魚と思われる魚類が多くいました。

まだまだ小さく見分けは付きにくいです。

なかでも大きくなった魚類がいたので、これはフナ?ギンブナ?と現地では思ったのですが、よくよく画像を見ると、ヒゲがあります、コイでした。現地参加のみなさん、すみませんでした(>_<)。

参加されたみなさん、大変お疲れさまでした。

ありがとうございました。

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square