「湘南タゲリ米」とは、タゲリが飛来する豊かな田園生態系を維持しようというプロジェクトから生まれた、生き物ブランド米です。

​タゲリとは?なんでお米なの?どういう活動なの?という疑問におこたえします。

​田園の貴婦人

 

タゲリは冬にシベリアから飛来する渡り鳥です。

ハトくらいの大きさで、陽の光に照らされて輝く羽と長く伸びた冠羽(かんう)が特徴のチドリ科の野鳥です。

彼らは冬のあいだ広い田んぼで、土の中の生きものを食べたりして過ごします。

田んぼがないと彼らは生きていけません。

​湘南の田んぼ

 

湘南というと海のイメージですが、昔から農業も盛んな土地です。

東京駅から西へ向かう新幹線で最初に見えるのが湘南地方の田んぼです。

豊かな湘南地方の暮らしは海と都市と田園が調和することで支えられています。

お米を食べて自然保護

 

しかし近年の宅地化の圧力は大きく、その結果農地、とりわけ労力に比べて収益の上がらない田んぼは急速に減少し、タゲリの飛来数も減っています。神奈川県のレッドデータブックでは絶滅危惧種に指定され、近い将来湘南地方ではタゲリが一羽も見られなくなる可能性があります。

 

湘南タゲリ米プロジェクトは、三翠会がタゲリの越冬する田んぼのお米を農家から市価より高く買い取り、趣旨に賛同して下さるみなさんに提供することで農家の米作りを支え、タゲリの飛来地である田んぼを守ろうという取り組みです。1袋のお米を食べていただくことで8畳の田んぼが守られます。

 

2001(平成13)年からはじまり、年々販売量と協力農家が増えています。また、日本全国の「生きものブランド米」の代表格として、TV朝日のドキュメンタリー番組「素敵な宇宙船地球号」はじめ、多くのマスコミにも紹介され、各方面からの信頼を得ています。

●会員募集中!

 毎月第3土曜日、私たちと一緒に活動しませんか?
 会員登録は「お問い合わせ」ページへ!

三翠会

神奈川県茅ヶ崎市西久保​ ​湘南タゲリ米の里

  • Wix Facebook page

© 2017 湘南タゲリ米の三翠会。Wix.comを使って作成されました