タゲリン

通信

日々の作業状況、イベント情報や

​湘南タゲリ米販売のインフォメーションをいたします。

小出川散策

柔らかな日差しで、川に田に爽やかな晩春の風が吹いています。 春耕を颯爽と青きや赤きトラクター ご苦労さまです。 久しぶりにカワセミを見ました。 オスですね。ちょっと内股なのが可愛いですね! 中洲では、「ビヨウ ビヨウ ビヨウ」とコチドリが盛んに鳴いていました。 到着したばかりなのか、ちょっとスリムに見えるのは気のせいでしょうか。 対岸の畑の木陰には、キジがいました。この時期よく見かけます。 鳴かずとも遠くからでも大きな体なので、シルエットで「あっあれは?」と気づきます。

小出川散策

田んぼでは、畔の草刈りをしている農家さんがいらっしゃいました。 ご苦労さまです。 ビオにカルガモがポツンと佇んでしました。 一羽でなんだか寂しそうにも見えました。 モズがまだ元気に飛んでいました。 鳴いてはいないので見つけにくいです。 土手ではナナホシテントウが沢山いました。 見にくいのですが、よく見ると葉の裏には幼虫も見えていますね。 畦道端にキアゲハがいました。 きれいな黄色なのですが、この時期周囲と同化していて、 佇んでいるとその存在が分かりにくいですね。 今朝は春の霞がかったようでした。

小出川散策

昨日の春の嵐から一転、今日はとっても良い天気です。 富士山の真っ白な姿が眩しいです。 田んぼでは、畦盛りをしている団体がありました。 そろそろ田んぼは稼働開始ですね。 畦道に目をやると、きれいな紫色の花が咲いています。 ムラサキサギゴケと思われます。 とても好きな野草の一つです。 足に花粉を一杯付けてハチの仲間が、タンポポに首を突っ込んでいます。 今日はそこここで見かけた光景です。 黄色い野草の花にベニシジミ、絵になります。 田んぼはいよいよにぎやかになってきました。

田んぼ作業はコロナと関係なく・・・

会員皆さん如何お過ごしでしょうか? 目には見えない相手に世界中は大きな脅威にさらされています。 通常であれば4月の第3㈯の今日は定例活動日でしたが既報の様に スタッフ会議や総会と同様に共同での活動は中止としていました。 しかしタゲリ米の里の稲作生産活動は 世の自粛活動とは全く影響のない環境として準備は進んでいます。 鶯が里へ降りて囀り、桜が咲くことで田んぼの準備は始動を始めました。 今日は大雨の予報でしたので取り急ぎ生産担当一人でできる作業として 目覚めて伸びだした雑草除草対策を行いました。 ーーーー まずは作業報告のみしておきます。 ・作業日:R2.4.17 9時から13時 里田4ヘクタール 作業者は一人 ・作業環境:社会的距離SocialDistance2mと言われてるようですが里田はFarmersDistance200meter40000hectare見渡し四丁歩「人影我一人なり」、コロナ菌0、と判断しマスク持参するも装着せず、必要至急として作業進行! ・内容:共同田域農道、同田東西畔刈り機による草刈     (ただし北側水路畔は仕上げ刈り未完了箇所あり)     鈴木田及び餅米田畔草刈り、間の水路土手草刈り ・記録:添付写真 ビフォアー・アフター ・今後の作業:共同黒米田、黒米田は次回雑草伸び状況により行います。      共同田、黒米田、餅米田の第2耕も別途鈴木にて予定します。 ・作業:生産担当鈴木

鶯の撮影に成功!

先日、ウグイスの鳴き声は聞こえるものの、 なかなかその姿を観ることが出来ないとお伝えしましたが。 今朝、小一時間粘った末、やっと観ることが出来ました。 場所は先日と同じ、小出川沿いの我が家近隣の小さな屋敷林・竹林です。 相変わらず、「ホ~ホホホホ ホケキョ」とそれはそれはきれいな鳴き声です。 家人も「今日もホケキョン?!で目が覚めた~」と喜んでいます。 やっとこさ見つけても、やたらと動き回りひと時もジィ~ッとはしていなく、 ゆっくりと写真を撮らせてもらえません。 写真はその一瞬です。お粗末様です。 先日、東京のウグイスに関する新聞記事を見ました。 気象庁の「生物季節観測」から、除外される動植物が近年相次いでいるそうです。 東京(観測地は千代田区なのだそうです)では、 「春告(はるつげ)鳥(どり)」とも呼ばれるウグイスの初鳴きが今年から取りやめになった。 都市化の影響で2003年3月以降初鳴きを観測できていないためだそうです。 随分と長い間聞けていないようですね。残念ですね。 ここ茅ヶ崎の小出川周辺ではまだまだ、毎年のように聞けています。 東京へ勤務の我が身には、本当に心和ませてくれています、癒されています。 これからもずぅ~とそのきれいな鳴き声を聞かせてほしいものですね。

小出川とその近隣の町

このところ朝早くから、ウグイスの声。 とっても上手に鳴くのです。 おかげさまで心地よく目覚めることが出来てます。 姿を一瞬でも見られたらと思い、カメラを持って家の周辺を散策。 どうやら、屋敷林、竹林あたりで聞こえてきます。 行ってみましたが、残念ながら見ることかなわず。 美しい歌声とツバメがひっ切りなしに飛び交う小自然。 そこでツグミを見ました。まだ居るのですね。 そのまま小出川まで足を延ばすと、珍しく木に登ったバンを見ました。 どうやら新芽を食べているようです。どうしてそこに食べ物があるとわかるのか。 水面から美味しそうな新芽があると眺めていたのか・・・。 朝食の後なのか、カワウが羽を広げて休んでいました。 コガモもまだ居ました。 今朝は、晴れてきれいなウグイスの声を聴きながらの散策でしたが、風は北風。 ちょっと肌寒かった・・・。

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square

●会員募集中!

 毎月第3土曜日、私たちと一緒に活動しませんか?
 会員登録は「お問い合わせ」ページへ!

三翠会

神奈川県茅ヶ崎市西久保​ ​湘南タゲリ米の里

  • Wix Facebook page

© 2017 湘南タゲリ米の三翠会。Wix.comを使って作成されました