タゲリン

通信

日々の作業状況、イベント情報や

​湘南タゲリ米販売のインフォメーションをいたします。

ビオトープにカルガモが

富士山が雲の合間から真っ白く浮き上がって見え、とてもきれいでした。 三翠会のビオに2羽のカルガモが気持ちよさそうに佇んでいました。 このような光景を見て、野鳥たちや自然の動植物の為に少しでも役に立っていると思うと、ビオを造って良かったなぁと思う。 曇りですがビオソーラーポンプ2基とも順調に地下水が出ています。嶋田さんのメンテナンスのお陰大です。ありがとうございます。 いつもは、降りてビオ周辺の様子を見るのですが、今日は来客がいるので止めました。そぉ~っとしておきましょ。 畦道を歩いていると道の際にはタンポポの綿毛(冠毛)が目立つようになりました。 少しづつですが、時が経つのを感じます。 小出川中洲で休むコチドリを紹介してきていますが、今日は田んぼにコチドリがいました。 広い田んぼに小さなコチドリが、一羽。「ビヨウ ビヨウ ビヨウ」と鳴くのですぐにわかります。 鈴木代表も「田んぼでよく見かけるよ。」とおっしゃっていました。 南風が、柔らかく心地のよい一時でした。

フラワームーン

昨日届いたタウンニュース茅ヶ崎版で、5月の満月が、ちょこっとコラムに載っていました。 たまたま当日夜に綺麗な月だったので、撮りました。 「フラワームーン」というそうです。

チュウシャクシギ撮影

5月3日(日)にも時間をかけて丁寧に見たけれど見つからなかった。 天気が良く、空きスペースでラジコンを飛ばしているグループがそこここに複数いたので、 気になり現れてくれなかったのか・・・。 5月4日(月)は、雨。 昼下がり、しとしとと降るも気にならないほどの柔らかな雨になり、 思い切ってもう一度見に行った。 だがやはり見つからない。今日もダメかなぁと思いながら力なく自転車をこいでいく。 諦めかかったその時、突然2羽の野鳥が「ピピピピ・・・」と鳴きながら畑から飛び立った。 自転車をひっくり返し、双眼鏡で追っかける・・・、チュウシャクシギだっ! しばらく飛翔しながら旋回を繰り返し、近くの畑へ降り立つ。 今年も見ることが出来て、ほっと一安心した瞬間だった。 けれど、昨年は6羽は居たが今年は2羽。 チュウシャクシギは旅鳥。ここではこの時期にしか見ていない。 海岸、砂浜、河川などのイメージが強いが、農耕地にもいる。 きっとその昔、ここは海沿いではなかったかとも思う。 しきりに畑をつつき採餌を繰り返していた。 来年もまた来てくれますように・・・、願わずにはいられない。

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square

●会員募集中!

 毎月第3土曜日、私たちと一緒に活動しませんか?
 会員登録は「お問い合わせ」ページへ!

三翠会

神奈川県茅ヶ崎市西久保​ ​湘南タゲリ米の里

  • Wix Facebook page

© 2017 湘南タゲリ米の三翠会。Wix.comを使って作成されました