タゲリ米の里 田園風景 R4(2022).06.09


小出川でツバメの幼鳥が、

羽根をバタつかせぎこちなく飛んでは、

細い草の茎に何羽も止まって上下に大きくゆぅらゆら、親からの餌を待っています。

大きく口を開けた様子を横から良く見ると、とっても可愛い顔をしています。

この時季の風景です。








































その横で、「ホーホケキョ」と鳴く声!

何度も声高々に鳴くのですが、生い茂って鬱蒼とした草叢では、

残念ながらその姿を見ることは出来ませんでした。





















田んぼには水が入り、そこここで田植えが始まっています。









































鈴木代表も慣れない慣れないと言いながら、

軽快に新車!(乗用田植機)を走らせています。


西久保田圃では今、田植え真っ盛りです


By M.H

特集記事